漆工芸の重箱

 

漆は数多くの人類にとっての有用なパワーを秘めていますが、

その力を最大に引き出すには実は多くの工程を必要とします。

漆は人が手間暇を惜しみなくかけることによって強度と美しさを無限に発揮してくれます。

日本では漆芸の工程は分業化されていますが、

それぞれに専門の職人さんが関わっています。

 

|漆器ができるまでの4つのプロセス

 

漆器ができるまでには大きく分けて4工程があります。

 

  1. 木地作り
  2. 下地作り
  3. 塗り
  4. 加飾(かしょく)

 

さらにこれらの各プロセスが多くの作業に分かれています。

最終的には産地やグレードによって違ってきますが、

数十~数百に及ぶ工程が加えられます。

日本の伝統工芸のなかでもその追求度・完成度は際立っています。

 

 

  • 木地作りとは原型になる木工品の加工です。
  • 下地作りはその原型を補強し、より美しく機能的にするためたたき台作りです。
  • 塗りは本格的に漆を塗っていく作業で幾重にも塗り重ねられます。
  • 加飾は美しく作品を仕上げて行く工程です。

 

 

|分業化されている漆器作り

これらの日本の工芸品としての漆器作りは漆の採取から始まり

それぞれの工程が細分化されて分業化されています。

1人の職人や作家がすべて担って作り上げる他の工芸品や陶芸などとは

大きく違うとところです。

原型になる木器をつくる職人、その原型に手を加えて下地を作る人、

漆を塗り重ねてゆく人、そして最後に絵柄や彩色を施す人とそれぞれが役割を担って

それぞれの高度な技術で関わっています。

日本の漆器は磨きに磨かれた多くの技術の修練の結果の作品となっています。

多くの職人さんが連携をとって一つの漆器を仕上げてゆきます。


  1. 漆器とは
  2. 漆について
  3. 漆塗りについて
  4. 漆器作りの工程
    1. 木地作り
    2. 下地作り
    3. 塗り
    4. 装飾
  5. 漆器の歴史
  6. 日本の漆器産地

 

 



会津塗専門ショップ


会津塗 菓子器都型 5.0

|会津漆器の粋 根来都型菓子器 会津塗の粋を集めた最高級菓子器です。 厳選した天然木を薄く削り出し、更にその上を布で覆い強度を高め 更に漆で何度も塗り固めています。 形はゆったりした都型にしたてあります。 仕上げの装飾は … Read More

会津塗 飯器3人用

|会津塗の飯器でご飯を美味しく 木製の漆器の飯器(はんき)は保温性と湿度調整に優れていますので、 ご飯を美味しい最適な状態に保ってくれます。 最近は昔風な釜戸炊きが復活してきて、漆器の飯器も人気が出てきました。 日々の食 … Read More

会津塗欅工芸 菓子鉢7.0

    |自然に樹木の木目を生かした菓子鉢 けやき(欅)の木はその木目の美しさと明確さから多くの食器や木器に利用されています。 最近は合成樹脂の食器が多くなっていますが、 やはり自然木の作りだす年輪の … Read More

会津漆器中型丼 筋入り

      軽くてしっくり手になじむ漆塗りどんぶり この会津漆器中型ドンブリは何かと重宝する丼です。 外側を白漆を施して筋目をきっちり刻みこんでいます。 中は朱うるるし塗りで汁丼としてご飯丼 … Read More