下地作りは漆器制作工程の基礎工事になります。

漆器は実に基礎工事をしっかり行っています。

あの美しい艶やかな漆芸の装飾は地道な基礎作業に手を抜いてない結果です。

 

|下地作りとは?

 

本格的に漆を塗る作業の前の準備作業といえるものです。

器の形を整えて傷を隠し木地の弱いところを補強する作業です。

これも手間隙のかかる作業になります。

漆器の強度はこの下地作りにかかっているといわれています。

各産地によって様々な手法が用いられています。

代表的な作業は以下のようになります。

 

|本堅地(ほんかたじ)の作業

漆を使った本堅地の作業で下地作りです。

 

  1. 木地の割れ目に生漆と木粉を混ぜたものを塗りんで補強する
  2. 木地の角や上緑を磨いて漆がつきやすくする(地磨き)
  3. 生漆を木地に塗る
  4. 椀のふちや底に布を貼り付ける「布着せ」という作業で強度をます
  5. 布と木地に生漆を塗る
  6. 乾燥させて研ぐ
  7. その土地の粘土や火山灰の焼いた粉を生漆に溶いて塗る(下地づけ)
  8. 乾燥させて砥石で研ぐ
  9. 6,7の作業を1~3度繰り返。
  10. 砥石の粉を生漆に溶いて塗る(錆つけ)
  11. 乾燥させて表面を滑らかに磨く

 

その他漆を使っての下地作りには、本地、蒔地などの手法がありますが

これらの作業によって木地が変形したり収縮することを防いでいます。

 

|渋下地(しぶしたじ)

上記の作業の漆の代わりに柿渋を使い、地の粉の代わりに炭の粉を使います。

本堅地よりは堅牢度では多少劣りますが、かなり強度にすぐれ漆も節約できます。

実用的な漆器に向いています。

会津塗は渋下地がメインの下地作りの技法になります。

 

これらの下地作りに共通することは

その土地の粉をや砥石の粉を漆に混ぜて何度も塗ることで

強度をましています。

有名なものには輪島の塗りの地の粉があります。

地元からでる珪藻土を焼いて作っています。

また強度の弱いところに布などを張って補強もしています。

このように漆器は実用に耐えるように様々な工夫と手をかけて作られています。

漆工の準備としての下地つくり終えた器は本格的な塗りの作業に入ってゆきます。


 

  1. 漆器とは
  2. 漆について
  3. 漆塗りについて
  4. 漆器作りの工程
    1. 木地作り
    2. 下地作り
    3. 塗り
    4. 装飾
  5. 漆器の歴史
  6. 日本の漆器産地

 


 



会津塗専門ショップ


会津塗ぐい呑 根来

    |会津漆器ぐい呑 見て楽しみ飲んで楽しむ この会津塗盃(ぐい呑み)は下地に黒漆を塗り、 その上に朱色を重ねた根来塗と言われる技法が使われています。 何度も漆を重ねて研き出された色合いは思わず見 … Read More

会津塗ぐい呑 白漆

  |会津漆器のぐい呑の美学 会津は日本酒の産地でも日本有数です。 その為に会津漆器は酒器にも特に拘ります。 この作品は美しい色調がお酒を更に美味しく仕立ててくれます。 珍しい白漆を外観を装飾した美しい酒器にな … Read More

会津金虫喰塗 三段重

  |会津漆芸の誇る金虫塗技法 金虫喰い塗りとは会津漆器独特の模様になります。 黒漆を塗り、漆が乾く前に大麦又は籾殻を全面に蒔き、 乾燥後大麦を取り除くことにより表面は凸凹になります。 その上に色漆をぬり、銀粉 … Read More

会津漆器・鉄錆塗フリーカップ

    会津鉄錆塗カップで男の夜を色々楽しむ 木製なのにまるで鉄器のような渋い色調を醸し出す会津漆装飾の鉄錆塗りのフリーカップ3色です。 形も大きめに自由に楽しめるように仕立ててあります。 縦型は水割 … Read More

会津漆器 花塗コーヒーカップ

木製漆器のコーヒカップは軽くて冷めにくい!! 鮮やかな朱色と黒の会津漆器の木製コーヒカップです。 伝統工芸の趣がコーヒーの味わいを更に際立たせて深みを与えてくれます。。 天然木は保温性に優れ且つ軽量です。 会津漆器の伝統 … Read More

会津塗 鉄錆箸・梅

  |会津漆器 箸の真髄がここにあります 木製の漆塗のお箸ですがまるで鉄製の風合いです。 会津塗でならわの技法が使われています。 下地に通常使われる錆漆(生漆に砥粉を混ぜたもの)を器全体に施して 更に錆漆で盛り … Read More

会津漆器・湯呑 朱色

  木製漆器湯呑みの生命力溢れる朱色   この会津漆器湯呑茶碗は天然木素材の上に漆を幾重にも塗り重ねて、 更に仕上げには丁寧に研ぎだしの技法を施しています。 表面は乾いた漆を塗りこんでいるために凸凹状 … Read More

会津塗ぐい呑2種 白漆 根来

    会津塗の酒器で日本酒を味わう喜び |白漆 美しい色調がお酒を更に美味しく仕立ててくれます。 珍しい白漆を外観を装飾した美しい酒器になっています。 下地に朱漆を塗り、上に白漆を塗り重ねて 研き出 … Read More

会津塗硝子漆彫刻グラス・山ぶどう

  ガラス漆彫刻作家・佐藤光の技のタンブラー 会津塗漆彫刻グラスは喜多方在住の佐藤 光氏の現代ガラス加工技術と 会津漆塗り技術の融合作品です。 ガラス素材の内側から漆塗りを施して、高速で砂を吹きかけて漆を削り取 … Read More

会津塗夫婦椀・石目塗

  会津塗ご飯椀の重厚さの中の軽やかな機能   この漆器椀はまさに会津塗の工芸漆器としての粋の代表作品です。 会津の栃の木をくり抜いた木地器全体に布を貼り、更に漆を幾重にも塗り重ねていきます。 最後に … Read More

会津漆器木製 焼酎カップ

  漆器の木製グラスはお湯割り水割りに最適   会津漆器の木製お湯割りカップです。 木製品に漆を施している為に軽くて冷めにくいカップになっています。 外側の白漆の装飾が従来の漆器とは違った洒落た感覚を … Read More

会津漆器中型丼 筋入り

      軽くてしっくり手になじむ漆塗りどんぶり この会津漆器中型ドンブリは何かと重宝する丼です。 外側を白漆を施して筋目をきっちり刻みこんでいます。 中は朱うるるし塗りで汁丼としてご飯丼 … Read More

会津塗 蒔絵干支箸 申(さる)

|2016年の干支の御箸です 蒔絵で干支の申(さる)の絵を描いた会津のうるしの御箸です。 一年間の幸運と幸せを願ってお使いいただける縁起のいい御箸です。 お年賀やちょっとした贈り物にも喜ばれるます。 御箸の頭部が天削げカ … Read More

1 11 12 13 14