会津塗 汁椀4.0 根来塗


会津塗根来汁椀

 

|鮮やかな朱色の汁椀

根来塗を施した朱色の汁椀です。

日々の御食事に趣ある色合いを添えてくれます。

天然木を使用して漆の塗装をほどこしていますので、

軽くて非常に冷めにくい器になっています。

根来塗は日々御使いいただくことでその表情を変化させていきます。

年月の変化を器を目出ながらお楽しみください。

椀の口は外側にそっている羽反り(はそり)になっていますので

御汁椀でもご飯椀でも御使いいただけます。

 

 

 

*根来塗(ねごろぬり)

和歌山県の当時大寺院であった根来寺で

13世紀に僧侶たちが使う日常食器の制作で編み出された漆芸の一つです

その為に堅牢さを重視して、下塗に黒漆を何度も重ねて最後に朱漆で仕上げをしました。

やがて使いこんでいくと朱の下から黒の色合いが何とも言えない趣で浮かび上がってきます。

現代では敢えて最初から研ぎをいれてこの色調を出してゆきます。

 


 

|会津漆器 根来塗 汁椀4.0

|価格:  15,000円(税別)

|塗り:  根来塗

|サイズ: 口径12cm 高さ7cm

|素材: 天然木

|生産: 日本

|梱包: 化粧箱

bt_cart



会津塗専門ショップ