会津金虫喰塗 4.0汁椀


会津金虫喰い塗り汁椀

 

|会津漆器の真髄 金虫喰塗汁椀

 

金虫喰い塗りは会津塗の漆塗の代表的な技法の一つです。

木地の汁椀に黒漆を塗り、漆が乾く前に大麦又は籾殻を全面に蒔き、

乾燥後大麦を取り除くことにより表面は凸凹になります。

その上に色漆をぬり、銀粉を蒔いて乾燥させて炭で磨いています。

まるで虫が食ったような斑点の独特の模様ができますが、

48工程もの手間がかかる職人技です。

高級感と伝統美が見事な文様として浮き出るように

使う人に訴えてきます。

是非、日々の御食事を賑やかに楽しむためにも

お客様のご接待にもご用意いただければと存じます。


|会津金虫喰塗 4.0汁椀5客

|価格:  22、000円(税別)

|塗り:  金虫喰い塗り

|サイズ: 口径12cm 高さ5.8cm

|素材: 天然木

|生産: 日本

|梱包: 化粧箱

bt_cart


 



会津塗専門ショップ