会津金虫喰塗り茶枢


 

会津塗茶びつ

会津塗りの変り塗の一つ金虫喰塗りによる豪華な茶枢(ちゃびつ)です。

金虫喰い塗りとは会津漆器独特の模様になります。

黒漆を塗り、漆が乾く前に大麦又は籾殻を全面に蒔き、

乾燥後大麦を取り除くことにより表面は凸凹になります。

その上に色漆をぬり、銀粉を蒔いて乾燥させて炭で磨きます。

まるで虫が食ったような斑点の独特の模様ができますが、

48工程もの手間がかかる職人技です。

金虫喰い塗りの味わいは和の渋い味わいと煌びやかさの融合です。

 

お客様をもてなす日本茶を頂く席で存在感に溢れる

会津の伝統工芸の茶びつ(茶櫃)になります。

お子様やお孫さまの代にまでお茶の間に引き継いでゆくことが出来る

会津の自慢の技の結晶の御品ものです。


|会津漆器 金虫喰塗丸茶枢

|価格:  125,000円(税別)

|塗り:  金虫喰い漆塗り 手塗り

|サイズ: 口径32cm 高さ13.5cm

|素材: 天然木

|生産: 日本

|梱包: 化粧箱

bt_cart


 



会津塗専門ショップ