会津塗の特徴の一つに「塗り」の仕上げの上塗における花塗金虫喰い塗です。

 

|花塗(はなぬり)

花塗は仕上げの上塗で油分を加えた漆を使って最後の磨きを行わず

そのまま乾燥させて仕上げます。

磨きは入れなくても油分によって光沢は十分に引き出すことが出来ますが、

表面を均等に塗り上げる高い技術が要求されます。

漆の自然な柔らかな風合いを引き出せます。

そのまま装飾(加飾)を施さずに無地の製品にもなります。

「塗り立て」「塗りっぱなし」とも言います。

会津花塗り

 

|金虫喰い塗(キンムシクイヌリ)

会津塗り独特の模様になります。黒漆を塗り、漆が乾く前に大麦又は籾殻を全面に蒔き、

乾燥後大麦を取り除くことにより表面は凸凹になります。

その上に色漆をぬり、銀粉を蒔いて乾燥させて炭で磨きます。

まるで虫が食ったような斑点の独特の模様ができますが、

48工程もの手間がかかる職人技です。

 

金虫喰い
(金虫喰いの工程) 大麦を貼りつけている

金虫喰い塗り

 

 


  1. 会津塗とは
  2. 会津塗の上塗り(仕上げ塗)
  3. 会津漆絵
  4. 会津の蒔絵
  5. 会津塗の歴史
  6. 会津の木地作り

 



会津塗専門ショップ


会津塗夫婦椀・石目塗

  会津塗ご飯椀の重厚さの中の軽やかな機能   この漆器椀はまさに会津塗の工芸漆器としての粋の代表作品です。 会津の栃の木をくり抜いた木地器全体に布を貼り、更に漆を幾重にも塗り重ねていきます。 最後に … Read More

会津漆器木製 焼酎カップ

  漆器の木製グラスはお湯割り水割りに最適   会津漆器の木製お湯割りカップです。 木製品に漆を施している為に軽くて冷めにくいカップになっています。 外側の白漆の装飾が従来の漆器とは違った洒落た感覚を … Read More

会津漆器中型丼 筋入り

      軽くてしっくり手になじむ漆塗りどんぶり この会津漆器中型ドンブリは何かと重宝する丼です。 外側を白漆を施して筋目をきっちり刻みこんでいます。 中は朱うるるし塗りで汁丼としてご飯丼 … Read More

会津塗 蒔絵干支箸 申(さる)

|2016年の干支の御箸です 蒔絵で干支の申(さる)の絵を描いた会津のうるしの御箸です。 一年間の幸運と幸せを願ってお使いいただける縁起のいい御箸です。 お年賀やちょっとした贈り物にも喜ばれるます。 御箸の頭部が天削げカ … Read More

1 15 16 17 18