会津磐梯山
会津磐梯山

|会津の地

福島県は浜通り・中通り・会津地方の3つに区別されています。

それぞれが気候風土、歴史・人情などに個性を有してまるで違う地方の感があります。

会津の地は福島県の西部に位置して断層や収縮・変形などの

地殻運動によって形成された会津盆地と言われる構造盆地になっています。

南北に約34Km、東西に13Kmの縦長な楕円形盆地です。

四方を奥羽山脈、飯豊山、越後山脈、会津高原に囲まれて、

その中央を大河、阿賀川が

日光周辺に位置する荒海山に源流を発して滔々と流れています。

阿賀川は新潟県に入ると阿賀野川と名前を変えて日本海にそそぎ込みます。

 

会津盆地は標高が175~220mの平坦地であり、俗に「あいづだら」とも称せられます。

あいづだらは阿賀野川水系の恵みを受けて水田中心の肥沃な穀倉地帯となっています。

この地の米は昼は熱く夜は冷えると言う寒暖さによって

新潟の魚沼の米に匹敵する食味を誇っている名産地です。。

会津盆地の北部にはラーメンで有名な喜多方が位置していますが、

この地はまた蔵の町としても有名です。

蔵がその豊かさを物語っています。

江戸時代、収穫されたコメは阿賀野川を使って新潟に運ばれ

更に日本海の海運を利用して大阪の地に持ちこまれました。

 

会津盆地の東には観光地としても有名な磐梯山、猪苗代湖があります。

会津の観光の中心地になっています。

会津盆地の中心都市は人口12万強の会津若松市で、

白虎隊、鶴ヶ城などで全国的にも知られる観光地都市になっています。

 

福島地図

 

|会津の市町村

会津地方には17市町村が所属します。

会津地図

 

|会津の風

会津の気候は盆地の内陸性気候であり、また基本的には日本海側気候に属します。

昼夜の寒暖の差が激しく、夏は昼は熱くなり夜は冷え込みます。

冬は新潟と同じくシベリアからの季節風によって1m程の積雪があります。

 

会津若松市で年間平均気温は11.7度、年降水量は1213mmとなっています。

冬の最低気温平均はー4度ほどm最高気温平均は4度程度で、

夏は最高平均気温が30度程度です。

(因みに東京は年間平均気温15.4度、年降水量は1528mm、

冬の平均最低気温の1度ほど、最高平均10度です)

やはり高地であることもあり、東京などと比較して寒冷な地と言えます。

会津盆地の端や山間部では更に厳しい気候なってゆきます。


 



会津塗専門ショップ


会津漆グラス 猫 黒

    今、断然ブームの可愛い猫をモチーフにしてデザインした会津の漆グラスです。 漆グラスは会津塗漆彫刻ガラスの技術によるもので、 喜多方在住の佐藤 光氏の現代ガラス加工技術と 会津漆塗り技術の融合作 … Read More

会津漆芸グラス

  強烈な黒と朱の世界が広がる漆芸グラスです。 漆芸グラスとは会津の伝統的な漆塗りの技術と西洋のガラス技法が コラボレーションした新しい漆器の世界です。 漆は様々な素材に塗装が出来る特性を生かして開発された商品 … Read More

会津塗 ぼかしぐい吞みペアーセット

    会津塗の漆芸とガラス工芸がコラボレーションした漆芸グラスです。 漆はあらゆる素材に色を乗せることが可能です。 その特性をガラスにも生かした漆芸グラスです。 非常に鮮やかで深みのある色合いを表現しています … Read More

会津 ガラス漆彫刻 ぐい呑み

ガラス漆彫刻作家・佐藤光の技のぐい吞み 会津塗漆彫刻グラスは喜多方在住の佐藤 光氏の現代ガラス加工技術と 会津漆塗り技術の融合作品です。 ガラス素材の内側から漆塗りを施して、高速で砂を吹きかけて漆を削り取って 絵柄を浮き … Read More

1 2 3 4