会津漆器 椿皿4.5


会津塗椿皿

 

|価値ある会津塗の銘々皿

銘々皿(めいめいざら)とは料理や御菓子などを各自に取り分ける皿です。

形状は低い高台をもつ椿皿(つばきざら)になっています。

椿皿は和歌山県の根来寺で考案された古くてモダンなデザイン形式です。

横から見た姿が椿に似ていることから椿皿と呼ばれています

この会津漆器の椿皿はシンプルな漆塗が施されて

取り分けた料理が際立って見えてきます。

朱色と溜め色(濃い茶色)の2種をご用意しました。

 


|会津漆器 銘々皿 椿皿 1客

|価格:  6,000円(税別)

|塗り:  漆 手塗り

|色: 朱 溜色

|サイズ: 口径13.5cm 高さ4cm

|素材: 天然木

|生産: 日本

|梱包: 化粧箱

bt_cart

 



会津塗専門ショップ